新着施工情報
TOP新着施工情報【棟瓦改修と瓦止め工事】 古賀市 A様邸

新着施行情報 - 【棟瓦改修と瓦止め工事】 古賀市 A様邸 -

■今回の施工事例
今回は隅棟の取り直し施工と瓦止め補強工事の事例です。
瓦屋根をたくさんの方から「どこそこが悪いから早く工事したがいいですよ」と何度も言われて、今回塗装工事を機に瓦修理も考えられたそうです。
  • 施工前

    【施工前】
    地震の影響と思われる隅棟のズレが多数見受けられました。 他にも平瓦の釘止めが少ないせいか「通り」もかなり暴れています。
  • 施工後

    【施工後】
    2階屋根は次に大きな地震がくると落下の恐れがありましたので 棟部はすべて新しく改修して、平瓦は通りを奇麗に並べ直しボンドで ガッチリと補強させて頂きました。

施工の流れ

  1. 1.

    野地(屋根木材)から棟瓦を緊結するものが全くなく、ただ平瓦の上に隅棟がのっているだけの状態です。

    昔は「いけいけどんどん」の風潮があり
    これで良かったのでしょうが・・・

  2. 2.

    隅棟の荷重を支える隅鬼瓦の緊結も
    かなり貧弱です。

    前に飛び出しズレても
    おかしくない事が分かりますよね。

  3. 3.

    隅木(屋根板の下にある大きな柱)から
    棟を緊結する為に
    銅線を出している所です。

    もちろん銅線も耐久性を考え
    ホルマル被服した物を使用しています。

  4. 4.

    平瓦を隅棟の角度に合わせて
    斜めにカットした瓦です。

    カットの仕方が
    あまり良い状態では無く
    雨漏りを誘因しても
    不思議ではない状態です。

  5. 5.

    瓦を正常に切直して
    棟積みの準備をします。

    そうそう カットした平瓦の事を
    「うろこ」と呼ぶんですよ。

  6. 6.

    寄棟屋根の頂上付近に
    鬼瓦をついているのを
    見たことありませんか!?

    この施工写真がその鬼瓦です。
    地域によって呼称はちがいますが
    「柄振り鬼(えぶりおに)」や
    「東鬼(あずまおに)」と呼ぶんです。

    結構ドッシリとなり良い感じです。

  7. 7.

    完成です!

    平瓦の通りを縦横まっすぐにしてから
    ボンド止め補強をしました。
    これで地震がきても
    台風に襲われても大丈夫です。
    ご安心ください。

    長い期間お世話になりました。
    ありがとうございます。

新着施行情報 TOPへ

お見積もり。ご相談のご依頼はコチラから!!|無料お見積もり、ご相談はお電話からでも承ります。|0120-83-0892|受付時間:月曜日~土曜日 午前8:00~午後6:00

無料占い