新着施工情報
TOP新着施工情報【ガラス瓦雨漏り補修工事】 糟屋郡 山本様邸

新着施行情報 - 【ガラス瓦雨漏り補修工事】 糟屋郡 山本様邸 -

■今回の施工事例
今回は雨漏りによるガラス瓦改修工事の事例です。
年に数回程度の雨漏りがしていた為、お客様ご自身で 天井に洗面器等を引いて養生をされていました。
  • 施工前

    【施工前】
    ガラス瓦のズレが酷く周りの陶器瓦へも かなり影響されていました。
  • 施工後

    【施工後】
    ガラス瓦本来の目的である《採光》を十分に配慮して施工させて頂きました(^^)/

施工の流れ

  1. 1.

    ガラス瓦を撤去して驚かされたのは
    在るべきはずの屋根板が
    無いんです・・・

    なるほどこれでは
    ズレて陥没しても当然だと思いました。

  2. 2.

    ガラス瓦も普通の瓦と一緒で
    完全防水ではありません。
    強風などで雨水やほこり等
    少しは屋根の中に入ります。

    そこで下葺き材(防水紙など)の
    施工が重要なんです。

    採光となる箇所に
    耐熱のアクリル板を敷いて
    防水紙を施工します。

  3. 3.

    防水紙も張っただけでは
    完全ではありません。

    その防水紙へ入った雨水を
    どの様にして屋根の外へ
    誘導するかが大事なんです。

    今回は
    「縦桟(たてさん)テープ」を使い
    水路を誘導しており
    万が一侵入した雨水は軒先の外へ
    排出されるようになります。

  4. 4.

    ガラス瓦と周りの陶器瓦を
    復旧して完了です。

    山本様のガラス瓦使用面積が
    規格外だった為に、
    特別な施工をしておりました。

    後日大雨が続いたので、
    心配になりお伺いしましたら
    「大丈夫でしたよ。
    ありがとうございます!」と
    仰って頂きました。

    ありがとうございます。

    また何かあればすぐに駆けつけます。
    今後とも宜しくお願い致します。

新着施行情報 TOPへ

お見積もり。ご相談のご依頼はコチラから!!|無料お見積もり、ご相談はお電話からでも承ります。|0120-83-0892|受付時間:月曜日~土曜日 午前8:00~午後6:00

無料占い