新着施工情報
TOP新着施工情報【屋根改修工事】 大野城市 F様邸

新着施行情報 - 【屋根改修工事】 大野城市 F様邸 -

■今回の施工事例
今回は雨漏れによる屋根板改修工事の事例です。
少し前から屋根の板が腐れていたのは分っていたそうですが、
家の中には雨漏りがしなかったのでとりあえずそのままに
されていたそうです。
  • 施工前

    【施工前】
    下から屋根を見ると屋根板がぶわぶわになっていたので、 雨漏りしているんだろうなと思われていたようです。 瓦の固定があまく完全にずれてしまい、雨漏りを起こしていました。
  • 施工後

    【施工後】
    以前の施工は水を呼び込みそうな施工でしたので、 お客様に了承を得て並べ方を少し変えております。 もちろん頑丈に緊結(きんけつ)して、ズレる心配はありません。

施工の流れ

  1. 1.

    こちらも続きの屋根で、
    家の中には漏れていなかった為
    発見に遅れたようです。

    まだ屋根板だけで済んだので
    助かりました。
    もし躯体(くたい)の柱や
    桁(けた)まで浸食していると
    大工事になっていました。

  2. 2.

    屋根を上から見たところです。

    腐れていた屋根板を除去して
    新しい杉材の化粧板
    (表面加工された物)を
    張り直しました。

  3. 3.

    防水紙を張り直してから
    瓦の復旧工事です!

    さぁここから
    雨漏りのしない頑丈な施工へと
    工夫を施していきます。

  4. 4.

    腐食しにくい
    被服した銅線で緊結して
    さらに中ではステンレスビスで
    しっかりと固定しております。

    一番右端の瓦は
    下から上へと上がるにつれ
    瓦の勾配が変わっていくので
    隙間があこうとするんです。

    そこを開かないように
    瓦のネジレを組み合わせて
    施工しています。
    分りづらいですが
    ちょっとして技術がいるんです^^;

  5. 5.

    最後に棟瓦を復旧して完了です。

    どうしても新しい瓦と
    既存の瓦との色が
    合わない事もあるので
    こちらもお客様へは説明をして、
    ご了承を頂いております。

    終わってしまうと分りませんが、
    施工準備や施工方法で
    もう二度と雨漏りしないよう、
    またズレなどが起きないように
    様々な工夫をしております。

    もうこれで雨漏りがして
    屋根板が腐れる心配はありません。
    ご安心ください。

    お話はしておりますが、
    他にも気になる箇所がありましたので
    下から見て異常があれば
    すぐにお声かけ下さい。
    すぐに駆けつけます。

    お世話になりました。
    ありがとうございます。

新着施行情報 TOPへ

お見積もり。ご相談のご依頼はコチラから!!|無料お見積もり、ご相談はお電話からでも承ります。|0120-83-0892|受付時間:月曜日~土曜日 午前8:00~午後6:00

無料占い